文具カフェ
大好きな万年筆のこと、文具のこと、日々の雑感などを綴ります
プロフィール

KEN

Author:KEN
万年筆が好き。文具が好き。
http://twitter.com/kenwithlove



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この1本があれば…
初めて手にした回転吸入式万年筆は、スーベレーンM600、Fニブです。
M400、M600、M800あたりはもう、万年筆好きにとっては基本ですね。

IMG_0426s.jpg

初めてボトルからインクを吸入した時は、いよいよ本格的に万年筆の世界へ足を踏み入れてしまった…そんな気がしました。
ここからどんどん万年筆にはまっていくわけですが、もしあの時あそこで思いとどまっていたら…(笑)

IMG_0427s.jpg

初めはM400を買うつもりだったのですが、試筆してみたところ、ひと回り大きなM600のほうが私の手には馴染みました。
私の手はそれほど大きいというわけでもないのですが、万年筆は大きなサイズの方が使いやすく感じます。
特に軸の太いタイプが好きですね。

IMG_0428s.jpg

初めての吸入式金ペンで書き味も良かったので、購入後しばらくの間は会社でも家でもこれで書きまくりでした。
持ち運び用にペンケースも買い、紙にも凝り始め…と、よくあるパターンですね。
軽やかに、なめらかに、まるでペン先で撫でるように書いていける…そう感じていました。
この1本さえあれば…と、その時は思いました。(笑)

IMG_0429s.jpg

他の多くの万年筆とローテーションを組みながら、今でも時々使っているのですが、ペン先を自分でいじったせいで少々荒れた書き味になっています。
WAGNERの調整師の方に調整をお願いしないと…


スポンサーサイト

内緒で
”A.G. SPALDING & BROS. / 520 Fifth Avenue / NEW YORK”とプリントされています。
レイメイ藤井の「SPALDING」木軸水性ボールペンです。
Davinciやペンパスで有名なレイメイ藤井ですが、内緒でこういう商品も出していたのですね。



本当に内緒で売っているのかもしれません。
これはWeb通販で見つけて入手しましたが、実店舗だとどこで売ってるのかまるで見当がつきません。
黒、茶、オレンジ、ナチュラルの4色展開で、本当は茶色軸が欲しかったのですが既に売り切れでした。
ちなみに、宅配便送料込み2,000円足らずで購入できました。

IMG_0448s.jpg

結構こってりと塗装されていますが、さわってみると間違いなく木の感触です。
木軸というだけでもポイントは高いのに、アルミキャップとの組み合わせはちょっとした冒険…と言えなくもないですね。
キャップを後ろに差した姿が、どことなく往年のペリカン100シリーズに似ているような気がするのですが…
まあ、気のせいでしょうかね。

IMG_0451s.jpg

キャップには穴があいています。4つも。
おかげで気密性ゼロなんですが、これはどうしてもデザイン的にアクセントをつけてみたかったってことでしょうか。
レイメイ藤井オリジナルのリフィルがセットされています。他に三菱のユニボールUBR300芯が使えるとのこと。
書き味は… (個人的感想ですが) あと一歩というところですね。
この水性インクの特性か、0.5mmという字幅のせいか、あっさりした書き味です。
個人的にはもう少しヌメっとした筆記感が好みですが、デザインは気に入っているので、少し持ち歩いて使ってみようと思います。

IMG_0465s.jpg

あ、遠くの方に何か写ってますね。
あれは…?

つづく。。




これも内緒で?
前回の水性ボールペンと似ていますが、こちらは…

IMG_0467s.jpg

そう、レイメイ藤井の「SPALDING」木軸万年筆です。
どうやらこれも秘密裏に販売されているようで、黒とベージュ(ナチュラル)はWeb通販で探して購入。
入手困難な茶色は、幸運にもヤフオクでゲットできました。

IMG_0456s.jpg

実は万年筆・水性BPともにオレンジ色の軸があるのですが、敢えて4色揃えてはいません。
実店舗でオレンジ軸BPの実物を見る機会があり、その時の印象が、個人的には「・・・」だったので。
(1年あまり前、JR熊本駅の駅ビル2階の書店でのことです。)

IMG_0455s.jpg

軸の塗装は水性BPよりも控えめで(笑)、手にした感触はとても良いです。
「中字M」で、太過ぎず細過ぎず、使いやすい字幅ですね。
書き味は若干カサつきがあって鉄ペンの域を出ませんが、3本の中でも微妙に個体差があり、茶軸の書き味がなかなか良いです。

IMG_0463s.jpg

2,000円台前半で買える木軸万年筆…
内緒で、頑張っていますね。



定番ですが
M600の次に買ったペリカンはこれでした。

IMG_0488s.jpg

M805ですね。
M800の青縞よりもシルバートリムのこちらが好みです。
定番万年筆なので、あとは省略してもいいくらいですが(笑)

IMG_0487s.jpg

若々しいイメージがありますね。
字幅はFで、天冠とペン先のヒナは2羽です。

IMG_0492s.jpg

毎日、家で使う1本目の万年筆は、このM805と決めています。
1日に1回はこの万年筆を手に取ります。そういう意味で個人的にも定番の万年筆です。
2年半ほど使い続けて、今ではすっかり手に馴染んでいる感じ。
硬めのペン先ですが、インクフローが適量で、書き味はスムーズです。

IMG_0493s.jpg

時々、M405青縞も欲しくなります。。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。