文具カフェ
大好きな万年筆のこと、文具のこと、日々の雑感などを綴ります
プロフィール

KEN

Author:KEN
万年筆が好き。文具が好き。
http://twitter.com/kenwithlove



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気がつくと私の手には…
赤溜を入手後、1ヶ月もたたないうちに購入するに至った万年筆です。

初期状態の赤溜(未調整)が今ひとつの書き味だったため、日本橋三越で開催された
中屋フェアに持って行き、調整してもらったのですが…

IMG_0872s.jpg

気がつくと私は三越をあとに日本橋の街を歩いており、なぜか手にしている手提げ袋の
中には、桐箱に納められたこのライターモデルピッコロサイズ黒溜太字が…
しまった、やられた… 

というか、やっちゃいました(笑)

IMG_0877s.jpg

中屋万年筆 ライターモデル ピッコロサイズ 黒溜。
赤溜に勝るとも劣らない、つややかなボディーです。
インクフローは多めにしてもらいました。
インクが淀みなくトロトロとあふれ出て、書き味は大変素晴らしいものです。

IMG_0879s.jpg

キャップを差して書くようには作られていないらしく、差しても安定しませんが、本体だけ
だと短くて書きづらいので差して書いています。
深く差すと傷が付きそうなので軽く浅く…ですが、今のところ傷にはなっていません。
(購入時に中屋の吉田さんは『あと3ヶ月ほど経てば漆が硬くなり、傷が付きにくくなる』
と仰有っていました。)
筆記時の、長さと太さのバランスも気に入っています。

黒溜

あえて不満な点を挙げるとしたら、キャップを深く差せないので多少ぐらつくことと、軽いので
手にしっかりと収まる感じがしないことでしょうか。
実は同じピッコロサイズでも、バランスコントロールモデルのヘアライン仕上げのタイプは、
差したキャップが安定するし手にしっかりと重みを感じさせるし、という素晴らしいものです。

その存在を知ったのは、黒溜購入後、日本橋丸善の世界の万年筆まつり展での中屋のブース
を覗いた時でした。そこには、仙台の大橋堂さんも出展されていました。
昨年3月、震災のちょうど1週間前のことです。

今日で1年になりました。
震災で亡くなられた方々に、あらためて追悼の意を捧げます。



スポンサーサイト

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ


つややかな
残暑がとても厳しかった去年の9月に入手したものです。

中屋万年筆 シガーモデル ロングサイズ 赤溜。
全長163mm。数字以上に長く感じられます。

IMG_0805s.jpg

中屋といえばネットでオーダーするのが一般的でしょうが、欲しくなると1日でも早く
入手したいと思う私は、丸善日本橋店地下の万年筆売場 (個人的には 『地下世界』 と
呼んでいます)
に出向き、店頭で購入しました。
サイズについて、ロングかポータブルか少々迷っていたので、実際に手に取って確認
できて良かったと思います。

IMG_0808s.jpg

つややかな漆… 
美しいだけでなく、手になじむ感触も素晴らしいです。
購入後1年以上経過した今では、上塗りの漆の透明化が進んで、以前より赤みが
増してきました。

中軟ニブは弾力があり、書いているとペン先のしなりを感じます。
初期状態では若干カサカサした書き味でしたが、その後、調整を受けて大変スムーズ
に。

IMG_0810s.jpg

基本的にキャップを差して書く私ですが、さすがにこのペンだけはキャップを外したまま
使います。
というより、キャップを差せるようなボディーの形状にはなっていません。

まあ、無理をすれば差せなくはないのですが…

IMG_0825s.jpg

全長が21cmになります。(^-^;



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。