文具カフェ
大好きな万年筆のこと、文具のこと、日々の雑感などを綴ります
プロフィール

KEN

Author:KEN
万年筆が好き。文具が好き。
http://twitter.com/kenwithlove



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気がつくと私の手には…
赤溜を入手後、1ヶ月もたたないうちに購入するに至った万年筆です。

初期状態の赤溜(未調整)が今ひとつの書き味だったため、日本橋三越で開催された
中屋フェアに持って行き、調整してもらったのですが…

IMG_0872s.jpg

気がつくと私は三越をあとに日本橋の街を歩いており、なぜか手にしている手提げ袋の
中には、桐箱に納められたこのライターモデルピッコロサイズ黒溜太字が…
しまった、やられた… 

というか、やっちゃいました(笑)

IMG_0877s.jpg

中屋万年筆 ライターモデル ピッコロサイズ 黒溜。
赤溜に勝るとも劣らない、つややかなボディーです。
インクフローは多めにしてもらいました。
インクが淀みなくトロトロとあふれ出て、書き味は大変素晴らしいものです。

IMG_0879s.jpg

キャップを差して書くようには作られていないらしく、差しても安定しませんが、本体だけ
だと短くて書きづらいので差して書いています。
深く差すと傷が付きそうなので軽く浅く…ですが、今のところ傷にはなっていません。
(購入時に中屋の吉田さんは『あと3ヶ月ほど経てば漆が硬くなり、傷が付きにくくなる』
と仰有っていました。)
筆記時の、長さと太さのバランスも気に入っています。

黒溜

あえて不満な点を挙げるとしたら、キャップを深く差せないので多少ぐらつくことと、軽いので
手にしっかりと収まる感じがしないことでしょうか。
実は同じピッコロサイズでも、バランスコントロールモデルのヘアライン仕上げのタイプは、
差したキャップが安定するし手にしっかりと重みを感じさせるし、という素晴らしいものです。

その存在を知ったのは、黒溜購入後、日本橋丸善の世界の万年筆まつり展での中屋のブース
を覗いた時でした。そこには、仙台の大橋堂さんも出展されていました。
昨年3月、震災のちょうど1週間前のことです。

今日で1年になりました。
震災で亡くなられた方々に、あらためて追悼の意を捧げます。



スポンサーサイト

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ


小さな吸入式
ペリカンのM300系万年筆には小さな万年筆という印象しかなかったのですが、
ある時に試筆させてもらったところ、意外と普通に使えそうなことがわかりました。

で、こちら…

DSC00407s.jpg

ペリカン M350 バーメイル。
収納時11cm、筆記時13cmというサイズで吸入式…
何というか、いじらしいですね。(笑)

小さく細く軽いペンですが、特に書きにくいとは感じられないのが不思議です。
書き味がいいからかな…?

DSC00410s.jpg

よく言われるように、柔らかなペン先です。
「関節が柔らかく動く」といえばいいのでしょうか、ペン先全体に柔らかさを感じます。
字幅はM。インクフローは良好で、これは当たりでした。

ちなみにこのモデルは既に廃番なので、某オークションで入手しました。

DSC00412s.jpg

どこにでも携帯できそうなコンパクトなペンですが、簡単に紛失してしまいそうな気が
するので、外で使ったことはありません。。


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ


回転繰り出し、キャップなし。
ここ1、2年で使用頻度が一番高い万年筆かもしれません。
パイロット キャップレス フェルモ。

私の『仕事で使う今週の3本』に毎週必ず入っています。
私にとってパイロットのキャップレス万年筆はこれが2本めです。

DSC00335s.jpg

ノック式ではなく回転繰り出し式。
回転ノブ部分には溝が彫られています。
こういう細かい加工、特に縦スジにとても弱い私…(笑)

個人的には、ノックよりツイストのほうがいかにも「メカを操作してる感」があって好き
なのですが、片手で回転ノブを回してペン先を繰り出すのは意外と困難です。
まあ、普通に両手でツイストするからいいんですが。

ペン先をしまう時には、少し捩るだけで「シャキッ」という感じで収まります。

DSC00339s.jpg

同じキャップレス万年筆であるダイアログ3と比べると、ペン先の気密性には一日の
長があります。
さりげなくハイレベル、というところが凄いですね。
長年にわたって改良が重ねられてきただけに、筆記具としての実用性そして完成度が
高い万年筆だと思います。

DSC00336s.jpg

ニブサイズはMにしました。小さなペン先ながら、ソフトで大変スムーズな書き味です。
ただ、フェルモのニブはFとMしかないのが残念。
ノーマルのキャップレスのようにBやFMがあるといいんですけどね。。



謹賀新年
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
もう三が日も過ぎてしまいましたが…

DSC00278s.jpg

さて、今年もスティピュラの万年筆からスタートしましょう。
去年の元日にご紹介したエトルリア アルターエゴ の限定品、フィエーゾレです。
世界限定193本。胴軸にはシリアルナンバーが刻まれています。

渋くて深みのあるこの色合い…
実物をお見せできないのが残念です。

DSC00285s.jpg

アルターエゴとは異なりこちらは吸入式なのですが、驚いたことに尻軸を回す方向
がペリカンその他とは逆です。
使っていると、何となく『大型コンバーター内蔵式』というような感覚があります。
インク窓がないのも、そう感じさせる理由の一つでしょう。

インク残量の確認にはひと手間必要です。
尻軸を少し回してみて、ペン芯にインクがじわじわと染み出してきたら、「まだ結構
入ってる」ということですね。

DSC00283s.jpg

アルターエゴと同じMニブを選択したので、書き味も同じ…なはずですが、実際
にはかなりの個体差がありました。
硬めでガサガサした筆記感でしたが、調整を受けてまろやかな書き味に。

DSC00284s.jpg

重さは44gもあります。でも、重たい万年筆、好きですよ。


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ


つややかな
残暑がとても厳しかった去年の9月に入手したものです。

中屋万年筆 シガーモデル ロングサイズ 赤溜。
全長163mm。数字以上に長く感じられます。

IMG_0805s.jpg

中屋といえばネットでオーダーするのが一般的でしょうが、欲しくなると1日でも早く
入手したいと思う私は、丸善日本橋店地下の万年筆売場 (個人的には 『地下世界』 と
呼んでいます)
に出向き、店頭で購入しました。
サイズについて、ロングかポータブルか少々迷っていたので、実際に手に取って確認
できて良かったと思います。

IMG_0808s.jpg

つややかな漆… 
美しいだけでなく、手になじむ感触も素晴らしいです。
購入後1年以上経過した今では、上塗りの漆の透明化が進んで、以前より赤みが
増してきました。

中軟ニブは弾力があり、書いているとペン先のしなりを感じます。
初期状態では若干カサカサした書き味でしたが、その後、調整を受けて大変スムーズ
に。

IMG_0810s.jpg

基本的にキャップを差して書く私ですが、さすがにこのペンだけはキャップを外したまま
使います。
というより、キャップを差せるようなボディーの形状にはなっていません。

まあ、無理をすれば差せなくはないのですが…

IMG_0825s.jpg

全長が21cmになります。(^-^;



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。